ボディコーティングのカーフレッシュ大阪TOP > コーティング工程

コーティング工程

施工の流れ
下処理工程
ステップ1:洗車

高圧洗浄機を使用し、ボディ、ホイール、タイヤハウスの中、溝や隙間に入った汚れ、下回りの泥や砂などをこの時に綺麗に洗い流します。

ステップ2:鉄粉、異物取り(トラップ粘土)

ボディには鉄粉などが付着していて洗車したりポリッシャーで磨いても取れない異物をこの段階で丁寧に除去する工程です。
中古車はもちろん、新車でも付いている場合があるので、どのような車種、状態でもこの作業を確実に行なうことで、最高の仕上がりにつながります。
またコーティングにとって水は大敵ですのでエアーブローで水分を隅々まで吹き飛ばし、マイクロファイバークロスで拭き上げ念入りにチェックをします。

ステップ3:マスキング

コンパウンドが飛び散らないように窓ガラスを養生し、エンブレム、エッジ、ゴム部分など際まで磨き込むのでマスキングで保護していきます。

ステップ4:磨き

【磨き】とはお客様の大切なお車を最高な状態にするという中でとても重要で他店との仕上がりに差がでるのもこの工程が最大のポイントだといっても過言ではありません。
この【磨き】には何処にも譲れない、譲らない!こだわりがあります。


ボディに付いた無数のキズは光を乱反射させ
また雨、鳥糞などに酷く侵食されたウォータースポット、染みなどでボディは本来の艶と輝きを失っていきます。
そのボディにコーティング剤をしっかりと定着させるためには、様々なポリッシャー、バフ、コンパウンドを使い分け、組み合わせていく必要があります。
酸化の進んだ塗装や膜厚、硬さ、年数、使用環境など一台ずつ異なるあらゆる状態を 見極めるためには車と会話し、向き合うことがとても大切です。
それには長年の経験と卓越した技術が必要となるのです。

当店ではお客様に「綺麗になった」、「ありがとう」と喜んで頂きたいという気持ちが最高の磨きにつながるのだと信じております。

ステップ5:鏡面仕上げ

さらにギアアクション、ダブルアクションなどのポリッシャーを使い分け、くもりやオーロラなどを消すことで、より一層深みのある艶やかなボディに仕上げていきます。

ステップ6:コーティング前の処理

磨き粉をエアーで飛ばし、クロスを巻いたヘラなどで隅々まで掃除し、ボディ全体に付いているコンパウンドの油分を丁寧に脱脂することでコーティング剤の定着力を高めることができます。

コーティング工程
ステップ7:鏡面仕上げ

GZOXの場合、手塗りのため専用スポンジで傷が付かないように慎重に塗り込み、マイクロファイバークロスで 拭き上げていくのですが、時間を掛けパネルごとに施工することでムラの無い綺麗な仕上がりになります。

※クォーツの場合は吹き付けて施工するので少し工程が変わります。

ステップ8:仕上げ

エンジンルーム、ドアエッジ、メッキ、モール素材など細部までチェックして最終仕上げをします。

  • コーティングメニュー
  • コーティング選びのコツ
  • Gzox(ジーゾックス)
  • Quartz(クオーツ)
  • Hi-MOHS COAT(ハイモースコート)
  • 鎧武車 YOROIMUSYA
  • ポリマー/ホイール/ガラス
  • コーティング工程
  • カーフィルムメニュー
  • ルームクリーニングメニュー
  • ルームクリーニング
  • 光触媒酸化チタンルーム抗菌コーティング
  • 店舗
  • キャンペーン情報
  • カーフレッシュ大阪の3つの自信
  • カーフレッシュ大阪ブログ

このページの先頭へ